集会案内

集会案内

主日礼拝 毎週日曜日
第一礼拝:午前 7:30~8:00
第二礼拝:午前 10:30~12:00
一週間のはじめの礼拝、聖書のお話と賛美と祈りを捧げます。
キッズクラス 毎週日曜日 午前 8:30~9:20 主に幼児から小学生を対象とした礼拝です。
かみさまのおはなしをきいたり、
さんびかをうたいます。
ヤングクラス 毎週日曜日 午前 9:30~10:10 主に中学生を対象とした礼拝です。
祈祷会 毎週木曜日 午前 10:30~11:30
午後 7:30~8:30
聖書の学びと祈り合い、そして交わりの時を持ちます。
ウェルカムキッズ 毎週土曜日 午後 2:30〜3:30 幼児から小学生を対象としてゲームや聖書のお話とティーブレイクで楽しみます。

キッズ・ヤングの集会案内や様子は新井キリスト教会Youth Groupフェイスブックページをどうぞ!!

特別礼拝

3月or4月 イースター・デー イエス様の復活をお祝いします。
5月 母の日スペシャル 5月第2週目に行います。
6月 父の日スペシャル 6月第3週目に行います。
9月 シルバースペシャル 80歳以上の方を中心にお祝いしています。
11月 子供祝福式 子供たちの健康と成長を願います。
12月 クリスマススペシャル 祈りと賛美でクリスマスをお祝いします。
クリスマス・イブ礼拝 祈りと賛美と祝会の時を持ちます。
(毎年12月24日)
キッズ・クリスマス 幼児から小学生を対象とした、聖書のお話とゲームや楽しい祝会です。
(毎年12月25日頃)

その他の活動

チャペルクッキング 不定期(年5~6回)
金曜日午前10:00~
平井姉を講師とした料理教室(3種類の特別メニュー)
里親活動 恵まれない子供たちの里親となって援助を行っています

3月の集会案内  皆様の来会をお待ちしております!!

主日礼拝

3月3日(日)7:30、10:30 「唇の実」(ヘブル 13:15)

世に「唇・口」に関することわざが多い。 人間の意志の伝達手段だけに、大切な器官である。聖書によると、口はきよめがたい悪です。これは、神によってきよめられて、良い実を結 ぶようにして頂く他にない。

3月10日(日)7:30、10:30 「ヤコブの末裔」(創世記 28:12)

「カインの末商」とのタイトルの小説がある 。人類最初の殺人を犯したカインの末商が私達であるとの趣旨であるが、聖書は、自己中心の塊であったヤコブが、神に出合い、イスラエル(神が治める)に変えられたと語っている。

3月17日(日)7:30、10:30 「本当のリーダー」 (ヘブル 13:17)

聖書に於いては、本当のリーダーはまず神に従う者である。そうする事によって彼は、何物にも動じない強さが神によって与えられる。また、彼は彼に従う者の事を寝ても覚めても考えて配慮するのである。

3月24日(日)7:30、10:30 「正しい生き方」(ヘブル 13:18,19)

人は誰でも正 しく生きようと心がけている。しかし、これがなかなか難しい。ついつい悪に染まってしまい、後悔を常にするありさまである。しかし、神に祈り求めるならば、人は神に力を添えられて正しく生きられるようにされる。

3月31日(日)7:30、10:30 「平和な神」(ヘブル 13:20)

人類は有史以来、平和を求めている。しかし、なかなか平和は来ない。むしろ、核武装などといった事になり、ますます平和が遠のいている ような有様である。人類の平和は、平和の神によってしか実現成就しない。

 

祈祷会

3月7日(木)10:30、19:30 「慰めアレ!」 (マタイ 5:4)

「悲しんでいる人たちは、幸いである。」とイエスは語られた。なぜなら、神がその人を慰めて下さるからである。人間の世には、何によっても慰め られない事がある。そのような時に神の慰めが祈る者に及んで来るのである。

3月14日(木)10:30、19:30 「柔和な人に」 (マタイ 5:5)

「柔和な人になりたい。」これがわたしが求めてやまない人物像であった。そのために、わたしは難行苦行をわたしなりにした。しか し、かなわなかった。柔和なイエス・キリストに出合って柔和さを分けてもらって出来た。

3月21日(木)10:30、19:30 「義に乾く者に」(マタイ 5:6)

「正義」を求めて求めてやまない人に朗報である。義であるキリストを受け入れるならば、「義に飽き足りるようになる。」のである。ようやくそっとではなく、義にみなぎる事ができるのである。

3月28日(木)18:00 「憐れみ深い者に」(マタイ 5:7)

聖書にとって「憐れみ」と「愛」は同じような意味がある。強いて言うならば、愛情深い人と言える。イエス・キリストは、私たちの罪を担って十字架にかかって「父よ、彼らを赦し給え」と、とりなしの祈りを捧げられた。